ユウアイ電子工業株式会社 Home当社の技術半田付けの技術

半田付けの技術

顕微鏡を用いた精度の高い半田付け

精度の高い半田付け 半田は作業温度が低いと付かず、高いと素材を傷めてしまいます。また、半田の量により多くても少なくても不良品となってしまいます。適正な温度、適正な量、そして的確な技術があり、半田付けは完成します。

確認とためではなく、作業のために顕微鏡が用いられ、その下で幅わずか0.25mmのパターンに電線を半田付けするという技術力があります。

軽量化のための半田付け

軽量化 軽量化にともない、鉄の35%比重という軽量な金属であるアルミの半田付けにも挑戦しています。

元来、半田付けできない金属といわれるほど、アルミは半田付けに向かないのですが、独自のノウハウにより、アルミの半田付けを実現しています。